ホームページ制作を行なう

パソコン

弁護士のホームページ制作

現代はこれまでとは違い、弁護士のような士業でもホームページ制作をしなければならない時代となりました。これまでは、弁護士は看板を立てれば顧客が集まってきました。ですから、営業をしている弁護士は少なかったのです。しかしながら最近では、弁護士の数が増えました。弁護士事務所の増加に連れて、弁護士間の競争が激しくなっていっているのです。そんな中、顧客を獲得するためには営業をする必要が出てきました。営業を全く行わない弁護士は時代に取り残されていってしまいます。セールスマンのように顧客の自宅に訪問したりするような必要はありません。きちんとホームページ制作を行い、インターネット上でプロモーションを行えば良いのです。

気をつけなければならないこと

弁護士がホームページ制作を行う上で気をつけなければならないことがあります。それは、弁護士事務所のアクセス情報を必ず掲載するということです。アクセス情報とは、住所や地図のことをいいます。現在すでに開設されている弁護士事務所のホームページには、もちろんアクセス情報が掲載されています。しかしながら、地図情報をただ貼り付けているだけであったりして見づらいのが現状です。ユーザーに優しいホームページ制作を行ってください。ユーザーはお客様だということを認識ししながら、ホームページ制作を行うようにしてください。まずは、自分がユーザーの目線に立って自分のホームページを見るようにしてください。そこから改善策は生まれてきます。