オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
飲食店

独立する事は難しい事かもしれません、しかし専門の知識が集約されたフランチャイズという方法があります。その中でも、我々の生活に密着したコンビニ経営という方法があります。普段何気なく、買い物していますが、お客様さんをより快適に購買させてしまうノウハウがつまっているのです。例えば、蛍光灯の明かりにしても、お店が明るく外から見えるような配置にあり、夜には、吸い込まれてしまうような見え方をしています。

他にも様々なマニュアルがあり、接客業に興味のある方が始めるには、良い方法かもしれません。

独立するメリット
コンビニなどのフランチャイズを活用して独立することは、大きなメリットがあります。

その一つとして、まず、一国一城の主になるということです。自立して地域社会への貢献、個別では規模は大きくはありませんが従業員を抱えることで雇用の促進、自分の生活の為だけでなく少なからず従業員の生活を守る為に責任感も生まれ、人間としての力も向上していきます。

独立する為の資金面も、初期投資を抑える制度などを活用できる場合もあります。

八百屋

独立とは、自分の店舗を構えて開業することです。さまざまな方法がありますが、コンビニなどのフランチャイズ店の募集に応募するケースが増えており、注目が集まっています。その理由として、独立することを希望していても、具体的な行動が分からないということが挙げられています。

募集を行っている店舗に応募すれば、開業するために必要な知識や準備、技術などをすべて伝授してもらうことができますから、とても重宝されています。

フランチャイズのメリット
大手コンビニ企業をフランチャイズ契約する事で企業が長年培ってきた知識や技術といったノウハウを手に入れる事が出来ます。

また、営業を開始した後も定期的に本社の方がアドバイスをしに来てくれる事で改善点や経営戦略を立てやすい環境を整えてもらう事が出来ます。アドバイスをしてくれる方も丁寧な説明で理論的に話をしてくれるだけではなく、悩みがある場合でも相談する事によって納得のいく解決策をいっしょに考えてもらう事が出来るといったアフターケアまでしっかりとしてもらえる事がフランチャイズのメリットです。

コンビニのお弁当

フランチャイズの歴史は、1963年7月にダスキン、ダストコントロールのfc1号店、更に10月に不二家が洋菓子fc1号店を出店したのが始まりでした。

しかし、独立開業のためのコンビニがスタートしたのは1970年からで、この年にミスタードーナツ、ウィンビー、ケンタッキーフライドチキンが開業し、翌年1971年にミスタードーナツfc1号店、日本マクドナルド直営1号店が銀座三越にオーブンしたのが実質的なスタートでした。

コンビニ経営をフランチャイズか独立かで考える
コンビニ経営をフランチャイズか独立かで考えるとやはり色々な所で影響を及ぼす可能性があります。特に単独での経営ともなると難しい事も沢山あり助けてくれる人も居ません。

チェーン店で展開していけば、そこの経営方針に従いながら経営を行って行ける事とこれからの仕事のアドバイスなどももらえます。名前なども当然売れている事から顧客も安心して利用してくれる面も大きいので、その分売り上げにも影響を及ぼして来そうです。